スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
短期ダイエットサイトトップ >短期ダイエット >>BMIを考える:ところでインナーマッスルとはどのような筋...

BMIを考える:ところでインナーマッスルとはどのような筋...

ところでインナーマッスルとはどのような筋肉をいうのでしょうか。分かりやすい箇所でいうと、股関節の場合は、腸腰筋、大腰筋、小腰筋、腸骨筋などの筋肉がインナーマッスルとなります。


特に腸腰筋は腰痛に直結する筋肉となりますので、しっかりとケアをすることが大切です。


短期ダイエットのために自分の身体を数値化するために、よく使われるものがあるよ。それが身長と体重から肥満度を測定するBMI値と体脂肪率です。これらの数値を利用して、自分の身体の現状を把握することが出来ます。


短期ダイエットのためにはバランスがとれる身体つくりが不可欠です。身体のバランスが崩れていると、不自然なところに脂肪がつきやすくなります。不自然なところについた脂肪は、トレーニングを続けていてもカンタンにはなくなってはくれません。


そのためダイエットは筋トレとバランスを鍛えるために、インナーマッスルを同時にトレーニングをするといいでしょう。 BMI判定表によると、導き出された数値が17.6以下だとやせすぎとなり、17.6から20だとやせ気味、20から24だと正常となります。 24から26.5だと肥満気味、26.5以上だと肥満と判断されます。


筋肉量や体脂肪率などの個人差はありますが、自分の体型が平均と比べて、どうなのかを調べる上では一つの数値となるでしょう。


短期ダイエットのためには脂肪を落とさなくてはいけません。その脂肪を落とすために、一番有効な方法は有酸素運動です。有酸素運動の基礎となるのは、心拍数です。


この心拍数が定めた値になるかが勝負となります。つまり短期ダイエットのためには脂肪燃焼に最適な目標心拍数で、どれだけ長い時間いられるかにかかっているのです。


関連情報はここから⇒          

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。